2024年02月19日

「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし」展

IMG_1705.JPG

2024年2月1日(木)から3月2日(土)まで中目黒にあるN&A Art SITEで開催されている「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし」展を観てきました。中目黒から徒歩5〜6分というところでしょうか。会場は先だってのドナータの写真展をやったところからも、そんなに遠くない場所にありました。

IMG_1704.JPG


会場には「夢の涯てまでも」(1991)のときの写真集「Electronic Paintings」から12点と「パリ、テキサス」(1984)のときの「Written in the West」(1983)から9点が展示されていました。(Electronic Paintingの方は撮影可、Written in the Westの方は不可でした)

IMG_1706.JPG

IMG_1707.JPG

IMG_1708.JPG

IMG_1709.JPG

IMG_1710.JPG

笠智衆に宛てたヴェンダースの直筆サイン入りの「ELECTRONIC PAINTEING BY WIM WENDEERS」のケースが最初に転じされ、これは手を触れることは出来ませんでしたが、写真集「Electronic Painting」もおいてあったので手袋をはめて観ることができました。この写真集は初めて見ました。その他「夢の涯てまでも」関連の資料や写真等が各種展示されていました。
また、会場内では「Wim Wenders in Tokyo」という1時間3分のドキュメンタリーがループで流されていました。「夢の涯てまでも」をNHKの編集室で制作したり、ハイビジョンを編集したり、撮影したりといった様子が観られます。この番組、NHKのドキュメンタリーとして放送されたのではないかと思うのですが、典拠が見つかりませんでした。ジャンヌ・モローが石に寄りかかっているシーンを何度も撮ってるところ、うっすら記憶にあるような気がするのです。思い違いかもしれませんが。

私はこの写真展は主に「Written in the West」の写真が見たくて行きました。ヴェンダースの写真数は大量に出ているので、全部はとても買い切れませんが、数冊持っています。中でもこの「Written in the West」がとても好きなんです。ヴェンダースが撮った乾いたアメリカのノスタルジックな風景がいいなぁと思っています。だから「Don't come knoking(アメリカ、家族のいる風景)」も好きです。→WRITTEN IN THE WEST

IMG_1722.jpg


1ELECTRONIC PAINTINGS BY WIM WENDERS (サイン付ケース)199237.5 × 53 × 2.5
2HOUSE / 家199136.4 × 51.5紙、HDプリント
3UNISON / ユニゾン199136.4 × 51.5紙、HDプリント
4FATHER AND SON / 父と子199136.4 × 51.5紙、HDプリント
5BOY / 少年199136.4 × 51.5紙、HDプリント
6SIDEWALK / 歩道199136.4 × 51.5紙、HDプリント
7PILLOW / 枕199136.4 × 51.5紙、HDプリント
8INTERIOR/ 室内199136.4 × 51.5紙、HDプリント
9CORRIDOR / 廊下199136.4 × 51.5紙、HDプリント
10WOMAN RUNNING / 走る女性199136.4 × 51.5紙、HDプリント
11GIRL / 少女199136.4 × 51.5紙、HDプリント
12IN THE FIELD / 畑の中で199136.4 × 51.5紙、HDプリント
13VENICE /ヴェニス199136.4紙、HDプリント
14Untitled198342.8 × 55 × 2.5(額装)紙、チバクロームプリント
15Untitled198342.8 × 55 × 2.5(額装)紙、チバクロームプリント
16Sun dries, Las Veges, New Mexico198342.8 × 55 × 2.5(額裝)紙、チバクロームプリント
17Evening, Near Santa Fé, New Mexico198342.8 × 55 × 2.5(額装)紙、チバクロームプリント
18Evening, Near Santa Fé, New Mexico198342.8 × 55 × 2.5(額装)紙、チバクロームプリント
19Now showing Lowell, Arizona198358 × 68.8 × 3(額装)紙、ダイトランスファープリント
20Lounge paintings Gila Bend, Arizona198356 × 68.8 × 3(額装)紙、ダイトランスファープリント
21Lovely Louise Old Trapper's Motels, San Fernando, California198350 × 35.8 × 3(額裝)紙、ダイトランスファープリント
22Evening. Neer Santa Fé, New Mexico198358 × 68.8 × 3(額裝)紙、ダイトランスファープリント
23WIM WENDERS ELECTRONIC PAINTINGS199330.7 × 25.6 × 2
24「夢の選てまでも」関理資料
25ドキュメンタリー
「ヴィム・ヴェンダース イン 東京」
1990可変映像

映画『夢の涯てまでも』関連資料(1991)
・Talking Heads “Sax And Violins”WV 作成時のHDプリント
・NHK 編集室での「Electronic Paintings」制作時のスナップ写真
・日本での映画公開時のパンフレット(3部)
・映画制作時のHDプリント


【N&A Art SITE】『ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし』開催決定(2/1-3/2)

「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし」展  究極のロードムービー『夢の涯てまでも ディレクターズカット 4K レストア版』東京都写真美術館で10日間の限定上映が決定(PR TIMES)

ヴィム・ヴェンダースが映画から生み出した異色のデジタルペインティング、N&A Art SITEに集結(美術手帳)

展覧会「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし」電子絵画と風景写真を展示(映画ナタリー)

ヴィム・ヴェンダースの電子絵画を初公開する展覧会が中目黒で開催(Time Out)
posted by wwfan at 00:39| イベント

2024年01月13日

ドナータ・ヴェンダース「KOMOREBI DREAMS」を観てきました

ドナータ・ヴェンダースの映像展「KOMOREBI DREAMS: supported by THE TOKYO TOILET Art Project / MASTER MIND」を見てきました。映画「PERFECT DAYS」の夢のシーンでも使われた映像のオリジナル版を観ることができる作品12点が展示されています。ざらっとした質感の「木漏れ日」のさまざまな光の映像が上映されていました。

104GALERIEはいいギャラリーでした。作品にとても合っていました。晴れていたら、きっとギャラリーの外にあったテーブルにも陽がさしていたのでしょう。

EXHIBITIONS:KOMOREBI DREAMS
会場:104GALERIE(東京・中目黒)
会期:2023年12月22日(金)〜2024年1月20日(土)

IMG_1432.JPG

IMG_1426.JPG

IMG_1427.JPG

posted by wwfan at 18:09| イベント

2024年01月02日

「PREFECT DAYS」ロードショーを視てきました

2023年12月22日に公開が始まった「PERFECT DAYS」。いろいろ素敵ですが、平山さんの生活のどこが私に一番響いたかというと、ネットを見てないことですね。情報の遮断。そして自分が必要な情報だけは手に入れている。「清貧」だけど「豊か」。
2回目で気付いたのですが、写真屋のご主人、どうも見たことある‥と思ってたけど、柴田元幸先生ですね。本屋の主人は最初、細野晴臣さんにオファーがあったとか。スケジュールが合わなかったとのこと。惜しい。
IMG_1369.JPG


前回パンフレットがなかったので、買うためにもロードショーをと思っていたのですが、年内忙しくて、お正月になってやっと行きました。新しくできた新宿のkino cinemaに行ったら、なんとパンフレット売り切れ!それで新宿TOHOシネマズまで移動しましたよ(徒歩10分程度)。そしたらありました。最初からそちらに行けばよかった。発売と同時に買った『Switch』と一緒に。
IMG_1374.jpg

posted by wwfan at 17:53| 公開情報

2023年10月30日

「PERFECT DAYS」東京国際映画祭先行上映に行ってきました

日比谷TOHOシネマズでの先行上映で「PERFECT DAYS」を観てきました。東京国際映画祭初日の抽選は外れました。先行上映だからポスターもパンフレットもないのでせめて映画祭の看板を撮ってきました。
早速Spotifyで見つけたPlaylist聞いてます。Spotifyにはヴァン・モリソンあります。

最初に予想していたのよりずっといい映画です。渋谷区の東京トイレプロジェクトのことはよく知っています‥。毎日3ヶ所ほど通過しますので。ユニクロの御曹司次男が発起人になり、渋谷区と日本財団(競輪で吸い上げた金‥)が組んで東京オリンピックの際に始まった「おもてなし」プロジェクト‥と聞いて「うさんくさい」と感じないのでいるのは正直難しいです。そこへヴェンダース招聘して映画にすると聞いたら「え?」となります。確かにドキュメンタリーに強いので「掃除の人のドキュメンタリーかな」と思いましたが、それだけでどうなるんだろうと思っていたら、役所広司が主役になるとなればドラマではあるはず‥。そんな背景でもちゃんとヴェンダースらしい映画になっているのは、さすがだと思いました。

冒頭からドライブシーンなんですが、本当にヴェンダースはドライブに自分の好きな音楽をかけるのが好きですね。でもそれって大学で映像研に入った人が最初にやりたいやつ。で、ヴェンダース自身も実際映像を作り始めた最初の頃からやっています。「アラバマ2000光年」。上映会で途中で席を立つ人が次々といました。ファンか研究者でもなければなかなか最後まで見続けるのは確かにキツイ。そんなありきたりな映像表現でも、この役者と演出で、ここまで魅せられる映像にしているのが、熟練の技なんだろうなと思いました。

浅草から渋谷という23区横断の旅を毎日してるんだな、この人は‥。私たちの東京が、始めて見る美しい姿になって映っている、と私は感じました。



IMG_0917.JPG IMG_0923.JPG

IMG_0928.jpg
posted by wwfan at 14:17| 映画情報

2019年05月19日

「世界の涯ての鼓動」が2019年8月に公開

submergence_thumb.jpg2017年に撮影された「Submergence」が「世界の涯ての鼓動」という邦題になって2019年8月2日に公開されることが発表されました。

ノルマンディーの海辺に佇むホテルで恋に落ちた生物数学者・ダニーとMI-6の諜報員・ジェームズが、それぞれの使命によって極限の地へ向かいながらもお互いを思い続けるラブサスペンス。生命の起源を調査するためにグリーンランドへ行き、乗った潜水艇が深海の底で操縦不能になったダニーと、爆弾テロを阻止する任務で南ソマリアへ赴き、ジハード戦士に拘束されたジェームズの恋の行方が描かれる。


「ローマ法王フランシスコ」の方が1回だけとは言え、先に公開されてしまったので、ちょっと心配してましたが無事に日本で公開されましたね。「誰のせいでもない」以来のストーリー物ですね。

『世界の涯ての鼓動』公式サイト
8月2日(金)より、TOHO シネマズ シャンテほかにて全国順次公開
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:アリシア・ヴィキャンデル、ジェームズ・マカヴォイ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
原題:Submergence/2017年/イギリス/英語・アラビア語/カラー/ビスタサイズ/DCP/5.1ch/112分

ヴィム・ヴェンダース新作「世界の涯ての鼓動」公開、極限の地で思い合う男女描く(映画ナタリー)
A・ヴィキャンデル&J・マカヴォイ、狂おしくも切ないラブサスペンス『世界の涯ての鼓動』公開(cinema cafe)
W・ヴェンダース監督『世界の涯ての鼓動』8月公開、生物数学者と諜報員の恋(CINRA.NET)
ヴィム・ヴェンダース最新作『世界の涯ての鼓動』8月公開 A・ヴィキャンデル×J・マカヴォイ共演(Real Sound)
J・マカボイ&A・ビカンダーが引き裂かれた恋人たちに ベンダース最新作8月2日公開(映画.com)
posted by wwfan at 12:15| 公開情報