2011年10月26日

ヴェンダース監督記者会見

2011年10月25日、ヴェンダース監督は「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」が東京国際映画祭で上映されるのに合わせて来日、渋谷の映画美学校で来日記者会見を開きました。


新作はアート映画世界初となる3D映画のヴィム・ヴェンダース、「3D技術を使っていくのは映画作家の義務」(CINEMA TODAY)

ヴィム・ヴェンダースの映画に楠田枝里子が感激「喜びと興奮で涙しました」(Movie Walker)

このとき、映画美学校ではキアロスタミ監督もいて、素晴らしく豪華な学校となったそうです。
posted by wwfan at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49353986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック