2011年11月22日

「PINA」アカデミー賞ノミネート候補作に

「PINA」が第84回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされる5作の候補作15作に入りました。ヴェンダース監督にとっては「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」以来12年ぶりのアカデミー賞ノミネートとなります。これではアメリカでは音楽とか舞踊のドキュメンタリー専門の監督のように思われかねませんね…。



ヴィム・ヴェンダース、12年ぶりのアカデミー賞ノミネートなるか?ドキュメンタリー長編賞ノミネート候補が発表!(CINEMA TODAY)
http://www.cinematoday.jp/page/N0037163


来年2月26日に行われる第84回アカデミー賞のドキュメンタリー長編賞ノミネート候補15作が発表され、その中にヴィム・ヴェンダースの新作『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が含まれていることが明らかになった。もしもノミネートされれば、ヴェンダース監督にとっては第72回アカデミー賞以来、2度目のノミネートになる。



アカデミー賞ドキュメンタリー部門ノミネート(公式サイト)
posted by wwfan at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50769639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック