2016年08月24日

2016年11月17日「誰のせいでもない」が公開されます。

誰のせいでもないヴェンダース監督の2015年監督作品「Everything Will Be Fine」が2016年11月12日より日本で公開されます。邦題は「誰のせいでもない」。監督作品としては「Pina」以来7年ぶりとなります。
ドキュメンタリーではなく、ドラマを3Dでつくったと話題になった作品です。日本では2Dでも上映されます。

ヴェンダース新作『誰のせいでもない』11月公開、事故を巡る男女の物語(CINRA.NET)
ベンダース7年ぶり劇映画「誰のせいでもない」11月公開 J・フランコら豪華キャスト共演(映画.com)
ヴィム・ヴェンダース監督が新たな3Dの可能性に挑戦 新作『誰のせいでもない』11月公開へ(Real Sound)


「誰のせいでもない」
2016年11月12日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムス、マリ=ジョゼ・クローズ
配給:トランスフォーマー
2015年/ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー/118分

※最近の製作総指揮作品「もしも建物が話せたら」(一部監督も)、「ラスト・タンゴ」あたり追いかけていませんが、いずれデータだけでも。
posted by wwfan at 00:24| 公開情報

2015年08月03日

「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」を観て来ました

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター2015年8月1日より「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」が公開されました。Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショーです。さっそく観て来ました。

サルガドの写真がすごくて、まずはそこに圧倒されます。でも、あぁヴェンダースなんだなと思ったのが、サルガドの顔のアップとサルガドの撮影した写真がクロスフェードするとき。「pina 踊り続けるいのち」にも、そんな雰囲気のシーンがあったなと。あれは舞台でしたが。

アーティストへ無情の敬意をもちながら、冷静に映画のテーマに適した表現方法を探って実現化していくところが、ヴェンダースです。まだまだこの手のドキュメンタリーには見るべき物がたくさんある監督です。

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター
posted by wwfan at 00:11| 公開情報

2015年05月21日

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」2015年8月1日公開決定

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター2015年8月1日、ドキュメンタリー映画「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」が公開されます。Bunkamuraル・シネマ他で全国ロードショーだそうですが、東京以外はまだ発表されていません。

世界中で写真を撮り続けてきた写真家、セバスチャン・サルガドが地球上の最も美しい場所を探し求め、ガラパゴスやアラスカ、サハラ砂漠などで撮影を行い、圧巻の風景を写し出した足跡を追います。

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」公式サイト

W・ヴェンダース監督最新作『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』“神の眼”をもつ写真家に迫る(Fasion Press)

映画『セバスチャン・サルガド / 地球へのラブレター』8月1日公開決定(CINEMA TOPIC ONLINE)

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」初日決定&特別鑑賞券発売中!(Bunkamura)
posted by wwfan at 09:35| 公開情報

2014年12月15日

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」2015年夏に日本公開。

セバスチャン・サルガド/地球へのラブレターヴェンダース監督の最新作「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」が、2015年夏に日本公開される。
ブラジル出身の写真家セバスチャン・サルガドの姿を追ったドキュメンタリー映画。サルガドは2004年より開始された地球上の最も美しい場所を求め撮影するという「Genesis」プロジェクトに取り組んでいる。サルガドの息子ジュリアーノ・リベイロ・サルガドはこの映画の共同監督に名を連ねている。

『パリ、テキサス』監督最新作、2015年夏公開!“神の眼”を持つ写真家を追う(CINEMA TODAY)
posted by wwfan at 01:06| 公開情報

2011年11月10日

下高井戸シネマ ヴェンダース特集

下高井戸シネマで「ヴィム・ヴェンダース監督特集」と題し、5作品が上映されます。

http://shimotakaidocinema.com/schedule/tokusyu/benders.html


12/5(月)〜12/7(水) 都会のアリス 21:10〜23:05
12/8(木)〜12/10(土) まわり道 21:10〜22:59
12/10(土)〜12/16(金) パリ、テキサス 15:50〜18:18
12/12(月)〜12/17(土) アメリカの友人 20:55〜23:04(※12/17(土)のみ 21:10〜23:16)
12/19(月)〜12/24(土) パレルモ・シューティング 21:15〜23:05
posted by wwfan at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年10月09日

「PINA 3D」東京国際映画祭上映で舞台挨拶登場

10/25 14:00〜 第24回東京国際映画祭で「Pina」が上映されます。
上映前にヴェンダース監督が舞台挨拶に立ちます。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン5は265名の中規模の上映館ですが、10/8のチケット一般発売は10/9の段階では売り切れていました。意外と注目をあびているようで、ちょっと嬉しいです。

もちろん、先行販売でゲットしてあります。

第24回東京国際映画祭 Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
posted by wwfan at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年08月30日

「PINA 3D」日本公開は2012年

ヴェンダースが亡きダンサーに捧げる、世界初3Dアート映画『PINA 3D』日本公開決定!

GAGA

2011年7月27日の記事に1ヶ月経ってから気付いたという間抜けなお話でした。
posted by wwfan at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年07月13日

「パレルモ・シューティング」公開決定

パレルモ・シューティング「パレルモ・シューティング」ついに日本公開が発表されました。
2011年9月3日から吉祥寺バウスシアターにて3週間限定爆音レイトショー他、全国順次公開です。

吉祥寺バウスシアター
9月3日(金)〜23日(金)はレイトショーにてライブ用音響機材を使用した大音量上映。
9月10日(金)〜23日(金)の期間は昼間の上映もあり。


公式サイト

吉祥寺バウスシアター

ヴェンダース監督作が爆音上映、ルー・リードが本人役で出演&音楽は元CANリーダー(CINEMA NET)

posted by wwfan at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年03月08日

PINA 日本で公開されそうです

2011年3月8日、ギャガが2011年度のラインナップを発表しました。
http://www.cinematoday.jp/page/N0030921

第61回ベルリン国際映画祭で上映され話題を呼んだヴィム・ヴェンダース監督の3D映画『ピナ(原題)/ PINA』を買い付けたことも発表した。本作は舞踏家ピナ・バウシュをメインにしたダンス・ドキュメンタリーで、3D効果も高い芸術的な作品。


ありがとう!ギャガ!日本で「PINA」が見られそうです。
”Palermo Shootings" がダメだったので、やきもきしていました。
posted by wwfan at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年02月14日

PINA イギリスでの公開決定

2011年2月13日、ベルリン映画祭で「PINA」のワールド・プレミアが行われました。
その前日、英Artificial Eye社がヴィム・ヴェンダースの「Pina」のオールメディア配給権を獲得し、4月に公開されるニュースが発表されました。
http://www.hollywoodreporter.com/news/artificial-eye-takes-wim-wenders-98271


日本にも、このニュースは下記のように流されました。

世界的バレエダンサーピナ・バウシュさんの世界初3Dダンス映画がヴィム・ヴェンダースが監督でイギリスで4月に上映へ(CINEMA TODAY)

で、日本公開はどうなるんでしょう…?
Palermo Shootingもまだだし、難しいかなぁ。

Making動画がfacebookにあがっています。
http://www.facebook.com/video/video.php?v=1843951615572

この音楽も三宅純さんなんでしょうか?http://junmiyake.com/
posted by wwfan at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2010年12月12日

ピナ・バウシュ・3Dドキュメンタリー トレイラー公開

PINA"PINA -- dance,dance,otherwise,we are lost" 「ピナ・バウシュ・3Dドキュメンタリー」のトレイラー(予告編)が公開されました。(最初に広告あり)

なんちゅーところで踊ってるんだ、みんな…。とにかく、すごくカッコいいです。日本でも公開されるといいのですが。


ところでWendersの製作会社、Neue Road Movieのfacebook公式ファンサイト、twitterのアカウントがあります。
facebook twitter

posted by wwfan at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2009年04月30日

スティル・アライヴ

ヴェンダース監督が「スティル・アライヴ」というキェシロフスキ監督のドキュメンタリー映画にインタビューで出演されているそうです。

キェシロフスキ・プリズム

スティル・アライヴ(シネマ・トゥデイ)
posted by wwfan at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2008年05月23日

In the Miso Soup

「The Palermo Shooting」を正式出品させ、何かと話題に出てくる2008年のカンヌ映画祭。ついに次の作品の資金調達をほぼ完了させました。
村上龍「イン ザ・ミソスープ」をヴェンダースが映画化

ちょっと古い作品な気がしますが、結構ハードな内容。まだキャストも決まってないみたいですが、アジア人は大勢出そうです。多分日本でのロケもあるでしょう。

2010年公開予定。
posted by wwfan at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 公開情報

2007年11月22日

DVDバラで新発売

12/21発売のヴィム・ヴェンダース DVD-BOX 旅路の果てまで
すぐにバラ売りするようです。2008年1月28日に3150円で発売。

「都会のアリス」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZH1BGA

「さすらい」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZH1BGK

「ことの次第」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZH1BH4

「左利きの女」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZH1BGU

「ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ZH1BHE
posted by wwfan at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2006年07月01日

ミュージック・クバーナ

ミュージック・クバーナヴィム・ヴェンダース製作総指揮、ヘルマン・クラル監督のキューバ音楽映画「ミュージック・クバーナ」が7月1日(土)〜21日(金)の間シネクイントで公開されます。「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」好きなら行ってもいいんじゃないかと。21日を過ぎると吉祥寺バウシアターでのレイトショーのみとなってしまいます。お早めに。

ミュージック・クバーナ公式サイト

posted by wwfan at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2006年02月15日

MEN'S NON-NO 2006年3月号

MENS NON-NO 2006年3月号女性誌ばかりだと思っていたら、ちゃんと男性誌にも。

2月10日売りの『メンズ・ノンノ』2006年3月号に「人物研究 そして旅はまだまだ続く―ヴィム・ヴェンダース」(p157〜p161)が掲載されています。モノクロですが、プロフィールも2ページかけてちゃんと載っているところがいいです。
posted by wwfan at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2006年01月31日

アメリカ、家族のいる風景

日本語の公式サイト

2006年2月18日(土)〜シネスイッチ銀座にてロードショー。上映時間は11:00/1:45/4:30/7:15。追って全国を回ります。

3月:梅田ガーデンシネマ(大阪)、京都シネマ(京都 )、シネ・リーブル神戸(兵庫 )

未定:札幌劇場(北海道)、シネマディクト(青森)、仙台フォーラム(宮城)、金沢シネモンド(石川)、シネマジャングル(岐阜)、サロンシネマ(広島)、シネマクレール(岡山)、シネマルナティック(愛媛)、シネテリエ天神(福岡)、大分シネマ5(大分)、Denkikan(熊本)、宮崎ピカデリー(宮崎)、桜坂劇場(沖縄
posted by wwfan at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報