2011年10月26日

Pina 東京国際映画祭で上映

2011年10月25日「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」が東京国際映画祭で正式出品作品としてTOHOシネマズ六本木ヒルズ・スクリーン5で上映されました。上映に先立ちヴェンダース監督が舞台挨拶に立たれ、作品についてお話してくれました。私も運良く舞台挨拶及び上映を見ることができました。


●ニュース

親日家のヴィム・ヴェンダース監督が東京国際映画祭に来場!(CINEMA TODAY)

ビム・ベンダース監督、日本滞在中に福島を訪問予定(映画コム)



●監督のお話
1985年にピナの舞台に出会い、以来舞台を映画にしたいと考えていた。ピナも賛成してくれたが、映像にするツールが見つからず、20年模索していた。ある日U2の3D映画を見て、これだと思い、ピナに「方法が見つかったよ」と電話した。準備を始めて2009年9月から撮影を開始する予定だったが、2009年6月にピナが急逝した。一度は断念したが、団員が踊り続けているのを見て勇気を得、映画をつくることを再開した。だから団員のみんなのおかげだ。


ピナは生前撮影する4作品を選んでいてくれたそうです。「春の祭典」「カフェ・ミュラー」「フルムーン」「コンタクト・ホフ」古いものから最近のものまで代表的なものを選んでいますね。

映画についてはあらたにページを作ったときに書こうと思いますが、古くからのファンにはやはりブッパタールのモノレールが泣けます。


上映後も対談、インタビューを精力的にこなしていたようです。

26日は東京藝術大学で講演、27日は福島で舞台挨拶に立たれます。

20111025a.jpg
posted by wwfan at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

ヴェンダース監督記者会見

2011年10月25日、ヴェンダース監督は「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」が東京国際映画祭で上映されるのに合わせて来日、渋谷の映画美学校で来日記者会見を開きました。


新作はアート映画世界初となる3D映画のヴィム・ヴェンダース、「3D技術を使っていくのは映画作家の義務」(CINEMA TODAY)

ヴィム・ヴェンダースの映画に楠田枝里子が感激「喜びと興奮で涙しました」(Movie Walker)

このとき、映画美学校ではキアロスタミ監督もいて、素晴らしく豪華な学校となったそうです。
posted by wwfan at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2011年10月09日

PINAのサントラ



PINAのサントラ、欧米ではもう発売されています。

pina_cd.jpg


hmv

amazon.co.jp(11/6発売。予約可)

おそらく2〜3週間かかります。
日本版が出るかどうかは不明ですが、出るとしても来年でしょう。

パリ在住の日本人アーティスト、三宅純さんが参加されています。
posted by wwfan at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報

「PINA 3D」東京国際映画祭上映で舞台挨拶登場

10/25 14:00〜 第24回東京国際映画祭で「Pina」が上映されます。
上映前にヴェンダース監督が舞台挨拶に立ちます。

TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン5は265名の中規模の上映館ですが、10/8のチケット一般発売は10/9の段階では売り切れていました。意外と注目をあびているようで、ちょっと嬉しいです。

もちろん、先行販売でゲットしてあります。

第24回東京国際映画祭 Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
posted by wwfan at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 公開情報

2011年10月02日

「夢の果てまでも」現実化?

夢を映像化することをどうして科学は追究するのでしょうね。

夢が撮られちゃう?! 米研究員ら、脳活動から映像復元(朝日新聞)
posted by wwfan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他